読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の心の言の葉。

短い自作小説、作文のブログです。多くの人に言葉が届いてくれたら嬉しいです。

『誰かに』

 誰かに気づいて欲しかった。誰にも迷惑なんか掛けるつもり無かったんだ。そこに先に居たのは僕だったのに、君はいつも僕のことを邪魔そうな目で見るんだ。いや、君だけじゃない。誰もが僕のことを邪魔そうな目で見る。そんなに君は偉いのか?僕も君も命があるんだから同じじゃないか。

僕はこれでも毎日生きるのに必死だ。本当は僕だってもっと美しくなりたいけれど、僕が必死に頑張ったって皆には敵わない。誰かに必要とされることなんて有りはしないんだ。でも、それでも僕だって一生懸命生きたいから。せめてこの今僕がいる小さなスペースで良いからこのまま生きさせてくれないか。

君の目線が前に増して胸に刺さる。僕だって生きているんだもの、少しは大きくなるよ。君はそれすらも気にくわないんだね。君が僕を見て小さく何かを呟いているけれど僕には聞こえない。どうせ聞こえても君が何を言っているかは分からないけれど、多分悪口なんだろうな。

最初は誰かに必要とされたかったんだ。でも僕はここで生きるって決めたから、誰でもない君に必要とされたくて必死だった。必死に僕が生きれば生きるほど君には逆効果だったんだね。僕は悲しい。

僕は頑張って小さな小さな儚い花をつけた。僕の命はここまでだって悟ったから。君は僕を躊躇うことなく摘み取った。さよなら。薄れる意識の中で僕がいた場所に美しい女性が笑って命を輝かせているのを見た。あぁ、僕も来世は誰かに必要とされる人生でありたいな。誰かに必要とされて、君が僕を必要としてももう遅いって勝ち誇りたい。誰でもない誰かに…

 

 私はスッキリとした花壇を見て、清々しい気持ちでした。「明日、ゴミ捨てに行かなくちゃ。」

 

 

あとがき:昨日に近いながらも昨日よりも複雑な気持ちになって頂けたらなという思いで書きました。こういう文章の時は多くを語るよりも感じて頂きたく思います。読んで頂きありがとうございます。それではまた別の文章で。