読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の心の言の葉。

短い自作小説、作文のブログです。多くの人に言葉が届いてくれたら嬉しいです。

『真実は奥深くに』

 もしも1日が25時間だったら貴方は増えた1時間を何に使いますか。

 趣味に使う。自分がしたいことが出来るって幸せですよね。精神面でより充実出来ることでしょう。何より毎日その1時間のために頑張ることが出来るでしょう。

 睡眠時間を増やす。1時間多く寝れること。寝るって幸せですよね。体をしっかり休めることが出来た次の日はいつもより体調が良いと感じることと思います。

 勉強をする。1日忙しくて学びたいことが学べない。新しい資格が欲しい。より自分を高めたい。勉強と言っても勿論ノートに向かう勉強が全てではない訳で。他の人より強い自分になる為に。勉強をしたいと思う人がいることでしょう。

 大切な人と過ごす。恋人、家族、貴方の思う大切な人と過ごす1時間。その日にあったことを笑顔で語り合うのはどうでしょうか。遠く離れている人とは電話で。声を聞くこと。言葉で伝えることって、とても大切だと思うんです。

 

 ここで質問です。貴方は1日が25時間になって、本当に増えた1時間を有効に使えるでしょうか。最初の質問に1時間増えたところで何も変わらないと答えた人も正しいと思います。でもそんな風に諦めてしまうのはおかしい。だって1時間増えたら誰だって嬉しいでしょう?その1時間の可能性に、使い道に心踊るのではないでしょうか。

 

 当たり前のことを言います。1日は24時間ですよね。そこはどう足掻いたって変わることはありません。なら変わるべきは自分。自分の1日のスケジュールを見直してみましょう。無駄な時間はありませんか?きっと貴方が心踊る1時間は貴方の手で作ることが出来るでしょう。

全ては貴方の心次第なのです。

 

 

さて。前置きは終わりです。今の文を読んでどう思いますか?当たり前ですよね。どこかで読んだことがあるなと思う人も多いのではないでしょうか。1時間を1日の中で作り出すことが出来たら既にやってるってもんですよ。それが出来ないから私達はもし1時間多かったらと「もしも」の世界を考えるんです。私達は「もしも」って考えるのが大好きです。でもそのもしもは多くのことが起こりません。起こらないからこその「もしも」だからです。でも1つだけ安心して欲しい。貴方が街ですれ違う人、電車の中で偶然隣に座った人、全ての人が心の中に「もしも」を抱いているはずです。皆平等です。そう思ったら私と同じなんだって、少しは気楽に思うでしょう?口に出さないだけ。皆心の奥深くに持っているはずなんですよ。この文章だって途中までしか読まなかったら本当に私が言いたいことなんて分からなかったでしょう。それでは最後に結論を。

 あぁ、1日が25時間だったらもっといろいろ出来るだろうになぁ。貴方もそう思うでしょ?

 

 

あとがき:心にわだかまりが残る文章を作ってみたいことから考えた文章です。上手く出来ているでしょうか?どんなものだって最後まで。それが大切なことなのかもしれません。最後まで読んで頂きありがとうございます。

それではまた別の文章で。